ブルークレールの日焼け止めが試せるトライアルなどについて

ブルークレール 日焼け止めはお試しできる?

日焼け止め

ブルークレールの日焼け止め、ブルークレール UVラグジュアリーデイクリームは、口コミでの評判も良好なようですが、

 

一番の欠点がそのお値段です。

 

ブルークレールは完全無添加にこだわった化粧品を作っているので、ある程度のコストは仕方ないのかもしれませんが……

 

意を決して購入してみたら肌に合わなかった…
なんてことになるとかなり残念ですね。

 

 

 

ブルークレールの日焼け止めですが、ブルークレールの化粧品トライアルセットで、お試しすることもできます。

 

約一週間分の量が入っているので、アトピーや乾燥肌など、
肌質に問題を感じていて、一度試して見ないと怖くて現品が購入できない方は、トライアルセットから入ってみるのがいいかもしれません。

 

ブルークレールの日焼け止めだけでなく、美容液や化粧水など、様々な商品をまとめて試せるので、自分のお肌に合った商品だけに絞って、リピートするかどうか検討できますね。

 

ブルークレールのオーガニック・無添加化粧品の中でも、UVラグジュアリーデイクリームはかなり評判がいいので、
一度ご自身の肌で試してみると、効果・相性の確認ができそうです。

 

 


ブルークレール 日焼け止めの口コミはこんな感じ

口コミは

ブルークレールの日焼け止め、UVラグジュアリーデイクリームについて、口コミの情報をさぐってみました。

 

いい評価としては

 

・日焼け止め特有のべたつきや白浮きがない
・保湿力が高いので、化粧下地として使いやすい
・目への刺激やきしみなど、日焼け止めにありがちな不快感がない
・石鹸で落とせるので洗顔が楽

 

ブルークレールの日焼け止めの悪い評価としては

 

・これを下地にしたら、いつものパウダーファンデがノリにくかった
・日焼け止めとしては日常使い向きの性能なので、リゾートなどでは使えない
価格が高いのがどうしても難点になる

 

ブルークレールの日焼け止め、UVラグジュアリーデイクリームの口コミで見る評価はこんなところです。

 

やっぱり値段が難点になりますね。
一度トライアルセットで試して、気に入ってリピートしている人が多い印象です。
値段に見合うか、自分の肌に合うかは、トライアルセットでしっかり確認したいですね。

 

ブルークレールの美容液、化粧水について
ブルークレールのファンデ、クリームについて


ブルークレール 日焼け止めの成分

ブルークレールの日焼け止め、UVラグジュアリーデイクリームについて、
成分を確認してみましょう。

 

ブルークレールの化粧品は、徹底して無添加にこだわっていますが、
日焼け止めの成分はどうなっているのでしょうか。

 

全成分については、下記に引用していますが、

 

気になる紫外線反射剤ですが、酸化チタンと酸化亜鉛を天然成分でコーティングしています。

 

また、肌成分として、コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸、エラスチン、EGFを配合。
ヒアルロン酸については、アセチルヒアルロン酸から、よりナチュラルなものに濃度はそのままで成分変更しているみたいですね。

 

天然の植物成分として、カツミレ花エキスやソウハクヒエキスなど多数配合。

 

ビタミンC誘導体もしっかり配合されているようです。

 

 

口コミは
ブルークレール 日焼け止めの全成分を確認(ブルークレール公式HPより引用)

 

水(白神山地の湧水) ・ホホバ油 ・酸化チタン(紫外線反射剤/マイクロ粒子100%) ・酸化亜鉛(紫外線反射剤/マイクロ粒子100%) ・リン酸アスコルビルMg(ビタミンC誘導体) ・エタノール(サトウキビなど穀物など穀物醸造の100%天然) ・ステアリン酸 ・シア脂 ・レシチン ・水酸化Al(天然鉱石)* ・ヒトオリゴペプチド−1(EGF) ・水溶性コラーゲン(魚由来) ・セラミド1 ・セラミド2 ・セラミド3 ・セラミド6II ・ダイズエキス ・ソウハクヒエキス ・褐藻エキス ・水溶性エラスチン(魚由来) ・ヒアルロン酸Na ・カミツレ花エキス ・スイカズラエキス ・ダマスクバラ花油(オーガニック) ・オレンジ花油(オーガニック) ・ローズマリー葉エキス ・トコフェロール ・酸化鉄 ・アルミナ ・シリカ

ブルークレール 日焼け止めの価格

価格について

ブルークレール 日焼け止め(UVラグジュアリーデイクリーム)の
価格について確認してみましょう。

 

まず、現品は5000円弱と、けっこうコストがかかっちゃいます。
1ヶ月分なので、シーズンに3,4本は使う感じでしょうか。

 

 

 

 

 

 

現品についてはアルミパックのサンプル(2g)がもれなくついてくるみたいなので、実質37gってところですね。

 

 

 

また、5〜7回分のミニパックの販売もあるようで、こちらはだいぶお求めやすくなっていますね。

 

いずれにせよ、ブルークレール 日焼け止め(UVラグジュアリーデイクリーム)の一番の難点は、やっぱり値段になりますね。

 

人によっては通年で使用するものでもないので、紫外線のシーズンだけ使用すれば、
効果に大してそれほどのコストとはならないかもしれません。

 

ブルークレールの商品は、どれも一度トライアルセットで試してみてから、現品の購入を検討するのがいいかもしれませんね。

 

ブルークレール トライアルセットは、一週間分様々なブルークレールの商品を試せるので、ブルークレール 日焼け止めだけでなく、

 

美容液や化粧水を単品で試してみたり、ファンデーションであるローズリッチUVパウダーとブルークレールの日焼け止めを合わせて使ってみるなどいろいろお試しできますよ。